本文へ移動
BIブロック
練積タイプの大型ブロックで胴込コンクリート工を不要とし、作業効率、工期短縮の向上が図れる製品です。

BIブロック5つの特徴

01
練積タイプの大型ブロックです。
02
胴込コンクリートを打設しなくて良いため、施工性は抜群です。
03
大型ブロックなのに完全自立型であるため、工期の短縮が図れます。
04
大型ブロックであるため、石工を必要とせず、普通作業員で施工が可能です。
05
土圧に対して十分な性能を有した突起を設けています。

製品紹介

基本型Aブロック

基本型Aブロック
L1,500×H750㎜

延長調整 右側カット用ブロック

延長調整 右側カット用ブロック
L3,000×H750㎜

天端調整用ブロック

天端調整用ブロック
L1,500×H750㎜
背景に配慮した擬石模様です。天端や延長の調整を設計通りにカットすることで統一出来ます。
(1㎡当り)
参考歩掛
規格
単位
数量
備考
ブロック
1.125㎡/個
0.888
縦750×横1,500(㎜)
世話役
0.022
特殊作業員
0.022
普通作業員
0.07
モルタル
1:3
0.0048
バックホー
クローラー型
クレーン吊
0.022
バケット容量0.8(0.6)(㎥)吊能力2.9t吊
※H30年現在算出 大規模工事(500㎡)の現場条件が整った環境での数値です。

積ブロック工 工程比較 フロー図

(例-河川の場合)
積ブロック工 工程比較 フロー図

施工上の留意点

現場条件

トラックの搬入路幅は4.0m~5.0m程度が必要です。
バックホー(クレーン付2.9t吊使用)の作業スペース半径8.0m程度が必要です。
製品のストックとして20㎡~30㎡程度を要します。

適用可能な範囲

道路擁壁工、河川護岸工[設計流速4~8(m/s)以下]、宅地造成などの土留めで高さ5.0m以下とし、1:0.3~1:0.5分の勾配とする。(高さ5mを超える場合は要相談となります。)
R=15.0m(実績可能)

自然条件

特にありません。

熟練工への依存度

普通作業員で施工可能です。

作業手順

作業手順01

作業手順01
設計図書に基づいて、測量し、丁張を設置する。

作業手順02

作業手順02
丁張に基づいて掘削及び床掘を行う。

作業手順03

作業手順03
基礎砕石(又は均しコンクリート)を施工する。

作業手順04

作業手順04
基礎ブロックを据付、ブロック間にモルタルを充填後、自立用差筋を挿入する。

作業手順05

作業手順05
1段目ブロックの据付後、自立用差筋を挿入する。

作業手順06

作業手順06
製品を据付後、裏込材を充填する。

作業手順07

作業手順07
ブロック間にモルタルを充填する。
※モルタル充填時は随時継目からの流出を確認する。

作業手順08

作業手順08
天端型枠を組立後、コンクリートを打設する。

作業手順09

作業手順09
完成
 

カット用ブロック

カット用ブロック 施工01
カット用ブロック 施工02
カット用ブロック 施工03
※カット用ブロックは、延長に合わせて切断し設置する。
カット用ブロック設置後、コンクリートを打設する。

施工の様子

施工の様子01

作業の様子01

施工の様子02

作業の様子02

施工の様子03

作業の様子03

施工の様子04

作業の様子04

施工の様子05

作業の様子05

施工の様子06

作業の様子06

施工の様子07

作業の様子07
 
株式会社三州コンクリート工業
〒879-0151
大分県宇佐市宮熊680番地
TEL.0978-32-2055
FAX.0978-32-2056
0
1
0
2
4
6
TOPへ戻る